My Style

アクセスカウンタ

zoom RSS プーケットからクラビへ 【'08.12-'09.01 プーケット・クラビ旅】

<<   作成日時 : 2009/09/08 13:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

12月31日 1


プーケットからクラビへの移動方法は、バスもあるけれど今回は乾季のみ運行の船を選択。
宿からラッサダー港までと、クラビ到着後ホテルまでの送迎付きで650B。

宿へのお迎えは7時〜7時15分だという。
昨日7時前にマーケットへ行った時、まだGHのシャッターは閉まっていたので裏口から出入りしたけれど
この日は表から出ないとスーツケースが出せない。
いや、それ以前にチェックアウトが出来ないので、翌朝は7時にチェクアウトするからと事前に告げておいた。

7時に1階に下りると、タイ人の奥さんが起きていてくれた。
この奥さん、ハッピーツアーのTOMOMIさんも言っていたけれど
「気が強そうで、ちょっと恐い」
まさしく第一印象は特にそんな感じで、
到着時 『パスポートのコピーをとりたいけれど。コピーの調子が悪くて私は分らない!』
と、1人でキレていた。
しかし3泊滞在して、顔見知りになるとそうでもなく
港までのピックアップ車で出て行くときは、はにかんだような笑顔で送ってくれた。

部屋は広くて快適。
辺りは夜でも明るく、1人で歩いていても問題もなさそう。
しかし、明るいからと言っても騒音でうるさ過ぎる環境でもない。
また泊まってもいいかな〜?と思えるゲストハウスでした。



ラッサダー港から8時40分出港
ピピ島行きの船と同じように、コーヒーや紅茶、お菓子のサービスもあったので
出港後しばらくしてもらいに行くと、そこではクラビ1dayツアーのスタッフが朝食中。

いや、別に「ちょーだい!」と行った訳でも、欲しそうな顔をしていた訳でもないんだけど(たぶん)、
なぜかリーダー風の人から『食べて行きなさいよー』とお誘いが。
まぁここは折角のお誘いだし、国際交流と言う事で、有りがた〜く頂きました

画像


クラビやプーケットでフェリーに乗ると、乗務員に親切にしていただけるのはなぜ?
タイ人風な私の顔に親しみを持って頂けてるのかな?


プーケットからクラビ行きの船は、途中海上でランタ行きの船や
1dayツアーの船と合流し、それぞれの行き先の船に乗り換える。
もちろん荷物も積み替える事になる。                        こんな状態で↓
画像  画像
かなり重たいだろうに、すごいね。


そしてクラビ到着後、私が桟橋をよっこらよっこらスーツケースを運んでいると
さっき船上で荷物を積み替えていたおにいちゃんが ヒョイ と担いで運んでくれたありがとね。

画像


クラビの港に到着後、行き先ごとに車に乗り、目的地に向かう。
タウン行きの私が乗った車はソンテウ。
ガタガタ揺れながら11時半ごろ、ようやくクラビタウンのさくらに到着。
プーケットからバスで移動するよりも船の方が早いかなと思ったけど、結構時間が掛かったなぁ。
船の方が退屈はしないですむけれどね。



≪余談ですが・・・≫
アオナンからタウンに向う途中で見かけたオジサン。
迷彩服着てますが…いいの?
画像


そして、今回プーケットからクラビへ向う船内でも
スタッフが迷彩パンツはいてたし。。。 いいの?

別なスタッフに
「プーケットではアーミーパンツは履いてはいけないと聞いたけど?」
と聞いてみたら、『そんな事はない』と言われたよ。

去年NHKの番組『児玉トラベル』でプーケットで迷彩服を着るのは法律違反で
場合によれば逮捕されると放送されたのは嘘だったのか?


この旅日記には【08-09】のテーマを付けています。
そのカテゴリーからどうぞ。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プーケットからクラビへ 【'08.12-'09.01 プーケット・クラビ旅】 My Style/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる