My Style

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012GW カオラックへ

<<   作成日時 : 2012/05/20 21:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月28日
シミランでダイビングをする為にプーケット空港経由でカオラックへ移動します。

最終目的地クラビまで使用しないであろう荷物を
バンコクスワンナプーム空港からEMSで送ろうと空港内郵便局に行ってみると
なんと祝日を含むから5日後しか届かないという…
EMSは Express Mail Service のはずなのに Express じゃないやん。。。
日本の宅配便事業は改めて素晴らしいと感じた瞬間。。。


さっさとチェックインをして重い荷物は預け、空港地下のクーポン食堂で腹ごしらえ。
エビワンタン麺(55バーツ)と、マンゴーシェーク(45バーツ)できっかりクーポンに交換した100バーツ也。
画像 画像画像 
中国人旅行者が団体で押しかけていたのには驚いた。。。




今回 South siam divers の船でシミランダイビングをするにあたり、どこに泊まろうかと考えた。
以前はプーケットに泊まったので、早朝6時半にピックアップされてミニバスに揺られること約1時間半。
移動中は寝ていられるとは言え、窮屈な車内できつかった記憶あり。
ダイビングの後はクラビに移動するので、それだったらシミラン行のボートが出る
カオラックに泊まる方が便利ではないだろうか?

もしもプーケットに泊まるなら、プーケットタウンに泊まりたい。
その場合はシミランへのピックアップは500バーツの追加が必要らしく、カオラックならば無料との情報も聞き
だったら安くて早起き不要のカオラックがいいじゃないか〜と決定!!


カオラックでのホテルは、メインストリートにもあって便利そうだし
タイでは通常5月からがローシーズン価格になるのに、4月後半でもローシーズン価格適用の
Jerung Guest House に決めた。


さて、移動はどうしよう…。
今回泊まるJurung Guest House は空港送迎もやっているようで
尋ねてみたら1200バーツだという。
貧乏旅行者にとってのルートは、プーケット空港からタウンに移動してそこからバスでカオラック。が一般的。
プーケット空港からミニバスを使えばタウンまで100バーツくらい?
そこからカオラックまでバスで100バーツくらいだろうか!?
しかし重い荷物を持って移動するのも面倒だし、タウンまでタクシーで行くと500バーツ程かかる。
カオラックのバスターミナルからホテルまでの移動費用も必要だ…
頭の中でソロバンがパチパチ。

貧乏旅行をしてはいるけど、労力はあまり使いたくなく
今回は長旅とはいえ、それでも時間は無駄にしたくない(わがままww)
よし!ちょっとリッチにプーケット空港からカオラックまで車をチャーターしよう!!

って事で、お迎えに来てくれたのはまだ新しい三菱パジェロ。(写真は今回泊まったJerung Guest House)
プーケット空港からカオラックまで、この車でスイスイ走って1時間10分。
バスを乗り継いでいたら、どのくらいの時間がかかっただろう…。
画像 画像

はじめて行くカオラック。
分厚いタイのガイドブックでも僅か2ページしか説明はなく、その中にホテル紹介もあるので
実質紹介は1ページくらいで情報もあまり多いとは言えない。
カオラックまでの車内でドライバーのワットさんと話していると、彼は通常ツアー販売の仕事をしているというので
「カオラックの見所、お勧めの場所は?」 と尋ねてみると
『シミラン』と。いや、シミランは明日から行くって言ったでしょ。それ以外をと尋ねてみると
『うーん、あまりない。プーケットやクラビの方がいいよ』って( ̄◇ ̄;)
あなたツアー関係の仕事をしてるんでしょうがー(苦笑)
カオラックに入って、ガイドブックにも載っている国立公園横の道を通過する時も
『ここが国立公園なんだけど、小さいんだよー』って…
見所いっぱいだったら予定よりも長く滞在して、観光して回ろうかと思っていたけど
これらの会話で、予定通りの滞在に決めました。いいのか、現地の人がそんなので(笑)



Jerungの室内はこんな感じ。1泊700バーツだと悪くはないが、ハイシーズン1200バートだと考え物。
冷蔵庫の位置が高くて、出し入れが面倒だよー。それと洗面・シャワールームがジメジメとカビ臭い。
簡単な朝食もついていて、写真右のお部屋で頂きます。
HPの写真ではフルーツもついていたのに、実際に有ったのは食パンとインスタントコーヒーと紅茶だけでした…。
画像画像画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2012GW カオラックへ My Style/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる